私の仕事はその圧倒的多数が遺産相続に関するものですが、今年に入ってから少し様変わり。

会社関係のご依頼がとても増えてきました。
しかもよくある新規の会社設立ではなくってもっとややこしいご依頼を頂けるようになりました。
もちろんやってる最中は六法だけでなく、いろんな専門書・実務書で調べながら一歩ずつ進めていくので、「う~ん・・・」と頭を悩ませることばかりです。
しかしながら、私の仕事のほとんどがそんなもんなんで、これまた難しいほうが面白いのも事実。

この仕事をスタートするための受験勉強時代は、頭が破裂しそうなくらい会社法も勉強しましたが、いざ、実務となったらやっぱり大違いです。
受験勉強で学んだことを、実際の現場でいろいろやってみると「なるほど、そういうことか~」といった感じで新たな発見や気づきとなり、最後は実務家としてもっとも大切な経験値となっていくわけです。

今、進行中のお仕事は自分にとって難しい、経験値の浅いジャンルなんで、冷や汗かきながらですが、これもまた楽しみながらやっております。