今日は隣接地の通行権に関するご相談。

法律相談って法律の知識は当然のことながら、その相談内容に関して将来起こりえるだろう様々なリスクも考えなければいけません。

しかし法律論だけで解決できないことは世の中たくさんあります。
とくに相続などの個人的な感情が入っているときなどがそうですね。
そんな時に机上の空論のように法律的な判断だけで良いのか??って思います。
ちなみに相談は大きくわけて2パターン。
一つは法律的な判断だけを求める純粋な法律相談型。
二つ目はどのようにして問題を解決するのかを法律的な判断も加えて考えて欲しい、となるちょっと人生相談型。

純粋な法律相談型はそのままシンプルに考えればいいし、法律以外には必要以上に悩まなくてOK。
二つ目は相談を受ける私の人生経験や考え方もあるので判断が難しい。
気がつけば完全な人生相談コーナーになっている時もありますし。本当に。

まあ、その場合、みのもんたのように最後は相談者の判断に委ねきってしまえば楽なんですが・・・