節分も終わり、ひな祭りの時期が来たというのに、なぜかメリークリスマス。

実は昨日、仕事から帰宅すると、玄関にお出迎えしてくれた5歳の二男くんが大きな声で「おとうさん!プレゼント!!」って写真の物を渡してくれました。
「てれびくん」という名の雑誌のおそらく付録?を自分で切り取って色も塗ってくれたようです。
さすがにのり付けは嫁さんも手伝ったそうですが、2日かけて一生懸命に作ってくれ、しかも手渡しの練習までしてくれたようです。
また、「だいち」より、と自分の名前もしっかり書いたとのこと。

当たり前ですが、この年になってサンタクロースの存在どころか、プレゼントが欲しい、と思うこともありません。

でも、このように子供から手作りのプレゼントをもらうと、嬉しさのあまり、サンタさんってほんまはおるかもよ??って、ちょっと思ってしまいました。

仕事場の机の周囲には子供達が書いてくれた絵とか写真なんかがいっぱいありますが、また宝物が一つ増えました。