神奈川県から徳島県阿南市新野町に移住されたご家族がいらっしゃいまして、その方が週に一度だけ開店しているパン屋さん(おかし工房さん)です。
なので、タイトルだけを読むと私がパンを作っているかのようですが、私は食べてるだけです。

このご家族は阿南への移住後、地元の方から田畑を借りて農業を始めて、今やお米・新鮮など野菜を全国各地に送っているそうです。
しかも農業だけにとどまらず、パンの製造販売もされて、これがまたとても美味しくて大人気。

私も県外から徳島県阿南市に家族で移住してきたわけですが、私とこのご家族が決定的に異なるのは「新たな仕事をしたのかどうか」ということだと思います。
私は確かに阿南市に移住してから個人事業をスタートしたのですが、司法書士の仕事は千葉県で約3年間ほど経験を積んだ後に、移住~独立という道を選択しました。
しかし、このご家族は阿南市に移住してから農業だけでなく、前述のパン屋さんもスタートされたそうで、「本当にすごいな~。」の一言です。

徳島県だけでなく、全国の地方自治体は都心への人口流失を防ぐことに加えて都心からの移住・定住を促進させています。
でも、移住って良いこともたくさんありますが、これはこれで結構大変なことも多くて、実際かなりの方が短期間で移住生活にピリオドを打って戻ってしまうそうです。

移住してどんな仕事をするにせよ、周囲の応援や支援だけでなくって結局は自分で道を切り開き、地元に馴染まなければなりません。
そんな意味ではこのご家族の精力的な活動って本当に見習うことが多く、とても勉強させて頂いております。

そんな風に思いながらこのパンを食べるとこれがまた格別に美味いんですよね~。

おかし工房さんはいったんお休みなさって別の場所にて再スタートのご予定だそうです。
再スタートがとても待ち遠しい限りで、その時はここでご紹介させて頂こうかと思っています。
あ、そうそう、このブログ読んで食べてみたくなった方、大人気なので早めにお店に行かんとすぐに売り切れますよ!