10月14日から降り続いた雨、雨、そしてまた雨の連続でその都度延期された見能林小学校の運動会が10月27日(金)快晴の秋空のもと、行われました。

一見、のんびり屋でマイペースの長男くんがリレーの選手に選ばれた、という予想外の事態!?に家中大騒ぎし、おじいちゃんとおばあちゃんも明石海峡大橋を渡って、応援に駆けつけてくれました。

前にも少し触れたことがありますが、長男くんは僕と似ているのか競争心があまりないようで、人と争うことを嫌います。勝って喜ぶこともあまりなければ負けて悔しがることもどうやらなさそう。
過去2年間(1年生と2年生)の運動会での徒競走もどちらかと言うと、必死に走るというよりも終始ニコニコ笑顔で楽しく走っているほどでした。
写真撮るには最高なんですが、親の立場としたらもうちょっとガンバレよ~と言いたくなる。

そんな長男くんの出番であるリレーの時がきて、こっちが緊張しまくってしまいました。
いざ、長男くんがバトンを受けて走り始めたときから、一家勢揃いの大声援!!
長男くんもその声援に応えた激走でトップを走る子と見事なデットヒートを見せてくれ、最後はしっかりと次の走者へバトンをつないでくれました。
親バカながら、感無量。
親バカながらちょっと感動。
嫁のビデオ撮影依頼を拒否しても、しっかりとこの目で見られたのがとても嬉しかった。
なので記録には残せていないけど、家族全員の記憶にはきっと残ったはず。

その後、自宅で長男くんにリレーの話(もちろん褒めてあげた)をしましたが、さすがマイペースな長男くんは大好きなマンガ読みながら「あ~、そうやった??」って、ほとんど人事のよう。
まあ、これが彼のええところでもあります。