親に似たのか何なのか。

親と同じく、団体競技にはまったく興味の無い長男。
同世代の子ども達がサッカーや野球に興味があるのに、彼の眼中にはまったくなし。
(まあ、自宅にテレビもないので仕方ないか・・・)
しかし、物心付いたときから一緒に海に入って遊んでいたためか水は大好き。

そして現在も海やプールで遊ぶのが大好きなのはそのまま変っておりません。
特に泳ぎ方を習ったわけではないのに、なぜだか泳げるのです。

確かに、僕が(特に冬)よくプールに泳ぎに行くので一緒に行くことは多いです。
と、言うよりも休みの度にプール行こう!って連れて行かれます。
息継ぎもちゃんとできているようで、3年生になってから体力が付いたのかフロート類を付けずにクロールもできるようになりました。

写真は先日の親子水泳教室の最終日に行われた検定試験の認定証。
なんと150メートル泳ぎきったではありませんか!
50メートルはいけそうやな~と思ってましたが、まさかその3倍も泳ぎきるとは!
(ちょっと感動!!)

と、ここまで書いたらスーパー小学生のような彼ですが、球技はめちゃくちゃ下手くそで笑えるくらい鈍くさいです!