徳島県阿南市の司法書士 遺産相続/遺産整理手続きはお任せください。(業務エリア:徳島県阿南市、小松島市、徳島市、美波町、牟岐町、海陽町、他)

不動産登記

相続

  • 困っている女性実家の親が亡くなって、家の名義を変更しなければならない
  • 親から受け継いだ土地建物、田畑などの名義変更手続をまだやっていない
  • 自宅を新築しようと思ったところ、自宅の土地が先代名義のままでこのままでは融資できない、と金融機関から言われた。

こんなケースでお困りではございませんか。相続手続はあなん司法書士事務所にお任せ下さい。

売買・任意売却

不動産の売買

親族間や知人間、近隣の方どうしで不動産の売買をするときであっても売買契約書を作成したり登記名義の変更手続きなどさまざまな手続きが必要となります。
不動産は高額であるがゆえ、最低限、次のことに注意しなければなりません。

 売買対象となる物件に内在する法律的問題点はないか。
 特に中古建物にある目に見えない問題や、登記上の問題など。

 売却または購入した場合の税金の問題点はどこか。
 売買成立後の予想外の税金が発生するケースもあります。

 売主買主間で事後的にトラブルとならないように、その契約内容に問題点はないか。
 市販、またはインターネット上で公開されているような契約書ひな形だけでは不十分です。

これらのリスクはあくまでも一例に過ぎません。
あなん司法書士事務所では登記手続きだけでなく、より安心確実な不動産売買のために、提携先の不動産業者や税理士、金融機関等の各分野における専門家と協力し、お客様のさまざまなご要望に対応しております。

不動産の任意売却

あなん司法書士事務所では不動産の任意売却のお手伝いも承っております。

贈与・生前贈与

贈与・相続イメージJあなん司法書士事務所で実際にご依頼いただいた不動産の贈与の一例をご紹介します。

【 ケース1 】
 相続発生時に遺産の分け方でトラブルにならないようにしたい。
 贈与税の問題は税理士の先生と相談しながら何年かに分割して不動産を生前贈与しました。

【 ケース2 】
 親子で同居しているがリフォームローンを組むために銀行に相談したら、親の名義のままでは融資できないと言われた。
 子供の名前で融資を受けて親名義の家をリフォームすると、子から親に贈与があったと見なされる恐れがあります。その対策として親から子へ不動産を贈与しました。

【ケース3 】
 親子で共有名義にしている住宅のローンを借り換えたい。これに合わせて親の負債はなくし、子だけが借入先としたい。
 親子間で負担付贈与を行いました。その結果、親は不動産名義を子に贈与する代わりに住宅ローンの返済義務がなくなりました。

不動産の贈与は一見するとお金を動かすことなく登記名義を移す(移転)することができそうに思われますが、法律的または税務的問題は充分に検討しなければなりません。
あなん司法書士事務所では提携先である税理士の先生との共同作業で不動産贈与のお手伝いをいたします。

抵当権設定・抹消(住宅ローン等お借り入れ・返済等)

  • マイホームを建てたい。
  • 事業資金の融資を受けたい。
  • 住宅ローンを返済した。

金融機関から融資を受ける場合、またはその返済が終わった時などは、不動産に登記された(根)抵当権の設定または抹消登記をしなければなりません。
登記手続きだけにととまらず、金融機関のご紹介・事業主様には法人化や事業コンサルタントのご相談なども合わせて承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

初回ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。 TEL 0884-24-9961 受付時間 9:00 - 19:00(土・日・祝日も対応可)

PAGETOP
Copyright © あなん(阿南)司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.