徳島県阿南市の司法書士 遺産相続/遺産整理手続きはお任せください。(業務エリア:徳島県阿南市、小松島市、徳島市、美波町、牟岐町、海陽町、他)

不動産任意売却

不動産の任意売却

不動産の任意売却とは

住宅ローンの返済が滞り始めた・・・
固定資産税が支払えずに不動産を市役所から差押えされた・・・

このような場合に放置または対策を取らずにいると最悪のケースとしては大切なマイホームが競売にかけられる恐れがあります。
しかし、ここで任意売却(任売)と呼ばれる手段をとることも考えるべきでしょう。すべての債権者(例えば銀行など)の同意を得て、裁判所を使った強制的な不動産売却である競売手続きによらずに、仲介業者(不動産業者)を介して通常の方法で不動産を売却することを言います。

任意売却イメージ

任意売却のメリット

任意売却は競売手続き比べて

競売は市場価格の70%程度で売却されることが多いと言われますが、任意売却はより市場価格に近い価格での売却が望めます。
より高額で売却することで現在の負債が少なくなることが期待できます。

不動産が競売にかけられてしまったら裁判所で公示されるだけでなく、インターネット上の競売専門サイトでも閲覧が可能となります。その中で自宅内部の写真や内情まで公開されてしまう危険性もあります。
しかし、任意売却はあくまでも通常の不動産売買と同じ手続きをとりますから、そのようなことまでが他人に知られることはまずありません。

これはあくまでもケースバイケースとなりますが、債権者(銀行など)が同意すれば売却に伴う明渡し後の引越し費用もその経費として計上しれもらえるケースがあります。
ところが、競売の場合は引越し費用は自己負担となることが通常でしょう。

任意売却のデメリット

任意売却は競売手続きに比べて

競売手続きの場合はそのすべての手続きが完了するまでのある一定期間(通常6か月から1年間程度)は自宅に住み続けることが可能となります。
また、競売手続きが不調に終わった(買受人が現れなかった)場合などは更に自宅に住み続けることも理論上は可能となります。
しかし、任意売却の場合は売却時に自宅を完全に退去して買主に明渡さなければなりません。

もちろん、債務者救済のために誠意を尽くす業者がほとんどです。
しかし、中には任意売却を希望または検討中の人から契約料や手数料との名目で先に金銭を要求し、実際にはほとんど何もしない悪質な業者がいると言われていますので、充分にご注意下さい。

競売は裁判所による強制的な売却手続きのため、これに関して債務者自身は基本的に何もする必要はありません。
しかし、任意売却は通常の不動産売買であることに変わりありませんので、債権者との意見調整や売買契約に始まり、最終決済時の手続きまで不動産所有者である債務者ご自身がそのすべてを行う必要があります。

この他にもケースごとにメリット・デメリットはございます。
住宅ローンによる負債などでお悩みの場合、まずはあなん司法書士事務所までご相談下さい。

あなん司法書士事務所が不動産任意売却をサポートします。

金融機関等各債権者に対しての(根)抵当権抹消登記手続きに必要となる担保権解除のための交渉、仲介不動産業者の紹介および売買契約等各事務手続き、最終決済時の不動産登記申請まですべてあなん司法書士事務所がサポートいたします。
また、自己破産など債務整理と合わせてご相談下さっても問題ありませんので、不動産任意売却をご検討の方はぜひあなん司法書士事務所へご相談下さい。

初回ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。 TEL 0884-24-9961 受付時間 9:00 - 19:00(土・日・祝日も対応可)

PAGETOP
Copyright © あなん(阿南)司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.