ほぼ間違いなく、どんな人でも一度は経験するのが「相続」。
と言っても、自分が死んだときのことではなく、自分が「相続人=相続の当事者」となることです。

もっとも一般的な事例は親または配偶者が亡くなった時ですが、その他いろんなパターンがあり、人間必ず誰かと血が繋がっている以上は相続と一生涯無縁ということはまずないと思います。

相続と言ってもピンからキリまでいろいろあります。
一般的なイメージでは、資産家の方が死亡したらその親族間で遺産の分け方で揉め事が発生すると思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。

例えばその反対に多額の負債を抱えたまま死亡した場合も問題の元。
誰も負債なんて引き継ぎたくないのは当然。
また、何年間も親の介護をたった一人でしてきたのにも関わらず、いざ遺産相続の時になったらそれまで親の面倒を見なかった他の兄弟姉妹が「あくまでも相続分は同じ」って主張することもありえます。

どのようにすれば公平なのか、皆が納得するのか、円満に解決するのか、答えはありません。
ただ、遺産相続が「争続」になるのは決して他人ごとではありません。

「うちはそんな財産ないから大丈夫です~」ってパターンが実は一番「争続」になるってご存知でした??