本日、徳島県行政書士会にて会員証を頂きました。
これで正式に入会手続が終わったことになりました。

なので、名刺も作り替えました。
またもや勝手にずうずうしく事務所名に「あなん」を入れています。

約4年前の司法書士開業時、移住者のくせに事務所名に「あなん」なんて使ったら怒られるかな??と思い、当時の司法書士会阿南支部の支部長のクボワキセンセイに恐る恐る聞いてみたところ、「そんなん早い者勝ちや。好きにしたらええぞ~」ってありがたいご回答を頂きました。
その一言で事務所名に「あなん」を使用することに決定。

それで、今回の行政書士登録するに際して事務所名をどうするか、が問題となりました。
行政書士だけ「山田事務所」ってするのもどうかな・・・ってことになり、以前と同様、行政書士会の支部長のハナノセンセイに聞いてみたところ、「私もクボワキセンセイと同じ意見です!」と心強い一言が頂けました。

そんなことでこのような事務所名の名刺が完成した、ということです。

ちなみに、たま~に「先生の事務所って、何人くらい職員さんがいらっしゃるんですか??」とのご質問を頂くこともあります。
その度にちょっと小声で「事務員(嫁さん)と私の二人だけです。」って答えております。
なんか、規模の大きな立派な事務所って感じがするみたいです。
これからは今まで以上に名前負けしないように、事務所を大きく成長させんとあきませんね。

しかし、他の土地から移住してきた私に「あなん」の文字を快く使用させてくれる、徳島県人の心の広さと器の大きさには大感謝です。